脱毛器人気ランキング!家庭用脱毛器の本音口コミ!【比較体験談】

ソイエ痛い?脱毛の効果を口コミ【脱毛体験を写真付で暴露】

ソイエの外箱
ソイエ通販サイト

ソイエとは、Panasonicが販売している脱毛器です。『泡脱毛器』と呼ばれる脱毛器で、その昔「きれいなお姉さんは好きですか?」というCMで話題になった商品でもあります。

実は私、家庭用光脱毛器を使う前まではこのソイエを使っていました。別にソイエの効果に満足していたわけではないですよ。私のムダ毛は剛毛で量が多く、毎日の処理から逃れたくて、比較的安価でムダ毛が処理できるということで手を伸ばしてしまったのがソイエだったんです。

ソイエでムダ毛を処理すると、2週間近くムダ毛を処理しなくて済みます。たとえ、処理中に激痛が走ろうとも、たとえ血が滲もうとも、毎日ムダ毛の処理が欠かせなかった脱毛女子あやこにとって、ムダ毛の処理が2週間間隔でOKというのは非常に魅力的に感じたんです。

しかし、ソイエで処理を続けること数ヶ月。

脚には無数の色素沈着が…。

ソイエで色素沈着になった脚
ソイエ通販サイト

そうです。無理矢理毛を引っこ抜くことによって皮膚が傷つき、色素沈着となって残ってしまったんです。

そして、更なる悲劇が…!!
埋没毛も引き起こされてしまったんです!

埋没毛とは、皮膚内で毛が伸びてしまうというものです。皮膚が傷つくことでカサブタができ、その結果、毛穴が塞がれてしまうことで毛が表面に出てくることが出来なくなります。

埋没毛を放っておくと、知らないうちにムダ毛が自然に分解されるとのことですが、場合によっては炎症を起こして『毛嚢炎』という細菌感染症を引き起こすこともあるそうです。

そんな埋没毛の処理方法は、皮膚を軽く切開してムダ毛を取り除くことになりますが、皮膚を切開するということはまたカサブタができる可能性があるわけで…。1度埋没毛になってしまうと、とにかく厄介ということは間違いないです。

最初のうちは、皮膚表面にムダ毛が出てこなければ、別に目立たないし別にいいか♪という気持ちだったんですが、埋没毛を見つけてしまうとどうしても気になってしまい、つい指や爪で押し出したくなってしまうんですよね。ニキビの芯と一緒です。潰しちゃいけないんだけど、つい潰したくなっちゃうというような感覚…。

その時、ムダ毛がすぐに押し出されてくれればまだマシですが、なかなか押し出されなかった場合、周辺の皮膚はかなりダメージを受けることになるので、残念なことにかなりの大きさの色素沈着となって残ってしまいます。

いまだに残る色素沈着…。
↓    ↓
いまだに残る色素沈着
ソイエ通販サイト

なので、脱毛女子あやこはもう二度と使うことはないだろうと思っていました。ですが、ソイエの新製品は痛みが軽減し、角質を除去することが出来るヘッドも付いているとか…。

それならば、使ってみるしかありません!

ということで、前置きがかなり長くなってしまいましたが、Panasonicソイエ(ES-WD95-P)の体験レポートを始めたいと思います。

ソイエを使ってみての正直な感想は?【ドライ脱毛編】

ソイエ
まず、最初にやってみたのがドライ脱毛。

旧型のソイエは鳥肌が立つくらいかなり激痛だったので、「ドライ脱毛なんて超痛そう…」と思いましたが、やってみないことには体験レポートにならないので、意を決してドライ脱毛をすることに!

気になるドライ脱毛の感想は、「思っていたよりは痛くない」でした。正直なところ物凄く痛いという思いしかなかったので、少し拍子抜けしましたね。

ソイエでドライ脱毛中
ソイエ通販サイト

ただ、ソイエに対するハードルが初めから物凄く低かったということと、以前使用してたときは脚全面にびっちりムダ毛が生えていたので、初めて使う人にとっては痛いと思います。(現在はケノンのおかげでだいぶ減毛されているため、さほど痛みを感じなかったのかも?)

確かに、旧型と新型を比較すると痛みはだいぶ軽減されているとは思います。

しかし、ソイエという脱毛器は
今も昔も一時的な脱毛効果しかありません。
ソイエの外箱開封時

毛を引っこ抜いて脱毛するので、「脱毛器」という名前に嘘はありません。ですが、ソイエは光脱毛とは違って、毛の元である母毛細胞を死滅させる効果は全くないので、永久的にムダ毛が生えてきてしまいます。
(ノーノーヘアは脱毛器をうたっていますが毛を焼き切っているだけなので、脱毛器と呼べるのか疑問です。)

これは余談ですが…。

ソイエで永久脱毛する方法があると言えばあります。旧型を使用した結果、色素沈着まみれにもなりましたが、ごく一部だけ全く毛が生えなくなった箇所があるんです。

それは何故かって?
頭部などに怪我を負ってしまうと、傷口周辺に毛が生えなくなることがありますよね。それと同じ現象です。毛根がなくなってしまったらムダ毛は生えてきません。

もちろんこんな永久脱毛法は正攻法では全くないし、肌への負担を考えると絶対にオススメはできませんが…。

ソイエを使ってみての感想は?【泡脱毛編】

ソイエで泡脱毛中
ソイエ通販サイト
ソイエと言えば、泡脱毛。

ソイエの公式ホームページを見てみると、
『泡で包まれ、肌はうるおった状態。
うるおった肌はやわらかく、スッと抜ける。』
というのが泡脱毛の仕組みのようですが…。

実際に使ってみた結果は、泡脱毛もドライ脱毛も対して変わらないという感じでしたね。泡脱毛にしたほうがドライ脱毛より痛みが少なく、スッスッと抜けるのかなと期待していたんですけどね…。

もっとも、泡脱毛はお風呂場での利用を推奨しているようなので(お風呂場で使用すれば、温まって肌が柔らかくなるためドライ脱毛より抜きやすく、肌にも優しいとのこと)、泡脱毛をするならお風呂場で使わないと、ドライ脱毛と大差はないということですかね。

ソイエ公式の泡立ち画像

ちなみに、ソイエの公式ホームページにはシュワシュワっと泡立っている画像が掲載されていますが、実際にはほとんど泡立ちません。

『写真はイメージです』と書かれているし、『ボディソープの種類などにより泡立ちが異なります』とちゃんと書かれているので誇大広告ではないですが、脱毛器でこれだけの泡が立つボディーソープって…。

公式ホームページではどんなボディソープを使ったのかちょっと気になりますね。

気になる泡脱毛の感想は?

旧型のソイエと比較すると、だいぶ痛みは軽減されたと思いますが、やはり肌は正直でした…。

脱毛直後に肌が赤くなってしまったので、痛みは軽減されたといっても肌への負担はかなりのものだと思います。

泡脱毛後の脚の赤み
ソイエ通販サイト

ちなみにソイエで脱毛する場合、毛の長さを事前に2~3mm程度にしておく必要があります。ムダ毛が短すぎると、ディスクという毛を巻き込む機械に引っかからず抜けきらない場合があり、逆に毛が長すぎると痛みが増す上に、内部の製品に引っかかって故障してしまうこともあるみたいです。

私が旧型を使っていた時は、1cmくらいムダ毛を伸ばしてから一気に脱毛していたので、あの時は物凄く痛かったですね…。効果音としては『ブチブチブチ…』という感じでしょうか。

それでもソイエが故障することはなかったですが、鳥肌が立つほどの痛みに耐えねばいけないということと、ヘッドの掃除がかなり大変でした。そんな昔の経験から、脱毛する際は短くカットしてからしてからのほうが身のためですね。

ソイエはシェーバー付き!
ソイエのシェーバーヘッド

この脱毛器にはシェーバーが付いているので、事前に2~3mm程度にシェービングしておくことをおすすめします。

ソイエを使ってみて感じたことは?【角質除去編】

ソイエの角質除去ヘッド
ソイエ通販サイト

脱毛女子あやこが新型ソイエで1番期待していたのは、実は角質除去機能だったりします。旧型には無い機能ですからね。

角質除去機能の感想は?
ソイエで角質除去中

効果は期待通りでした♪

でも、「まぁこんなもんだよね~」という感じもありますが、かかとの角質がポロポロ取れましたよ。

角質除去後のソイエ

ただ、電動の角質除去機械は安い物で1000円ぐらいから売られているので、角質除去目的だけの為にソイエを買うのは正直オススメしません。ですが、脱毛・シェーバーの他に角質除去もできる、というのはお得感があって良いですね。

昔使ったソイエとどう違った?【旧型と新型を比較】

ソイエの角質除去ヘッド
ソイエ通販サイト

私は昔、旧型のソイエ(ES2067)を使っていたんですが、新型(ES-WD95-P)と比べてみた結果、だいぶ進化したなぁと実感しました。

↓↓ 旧型と新型の違い【その1】 ↓↓
<痛みが軽減されている>

まず、痛みがだいぶ軽減されています。

とはいえ、激痛を伴った旧型のソイエと比べた場合なので、毛を抜かれる痛みは新型でもあります。

↓↓ 旧型と新型の違い【その2】 ↓↓
<新型はライト付き>
新型ソイエはライト付き
ソイエ通販サイト

次に、新型にはライトがつきました。このライトは脱毛部位を明るく照らしてくれるので、脱毛しやすくなったと思います。

ただ、脱毛女子あやこは目が悪いため普段はメガネをしています。お風呂場でソイエを使用するとなるとメガネを外しての使用になるので、ライトで明るくされてもあまり意味が無かったりします。視力が比較的良い人にとっては、ライトがあると見えやすいのかもしれません。

↓↓ 旧型と新型の違い【その3】 ↓↓
<角質除去機能がプラス>
新型は角質除去機能付き

そして、角質除去機能。

旧型のソイエは、脱毛ヘッドとシェービングヘッドしかなかったので、角質除去ヘッドは新型にプラスされた新しい機能ですね。

さて、旧型と新型の違いはこんなもんでしょうか。こんな風に旧型と新型を比較してみると、確かにかなり進化したと思います。

ですが、ソイエは結局のところ『ただ抜くだけ』の脱毛器なので、ケノンなどと比較すると使い続ける意味が見つけられませんね。

ソイエ公式サイト
ソイエ通販サイト
一番おすすめの脱毛器を紹介
ケノン公式サイト
トップページ > ソイエ【本音の口コミ】 > ソイエ痛い?脱毛の効果を口コミ【脱毛体験を写真付で暴露】

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)