脱毛器人気ランキング!家庭用脱毛器の本音口コミ!【比較体験談】

家庭用脱毛器の維持費が一番安いのどれ?【脱毛女子あやこ】

維持費がかからない家庭用脱毛器は?

10年ほど前に家庭用脱毛器で脱毛を行っていたのですが、内臓バッテリーの交換や、カートリッジの交換などでトータルでかなりの費用がかかってしまいました。

しかも、脱毛効果はあまり出ず…。

ただ、最近の脱毛器は昔の脱毛器とは全く性能が違うとのことで、維持費がそんなにかからないのであれば今一度家庭用脱毛器で脱毛しようかなと考えています。

維持費がかからない、少ない脱毛器はありますか?

女性

維持費がかからない・少ない脱毛器としてオススメするのはケノンです。

2012年7月にリニューアル発売されたケノンは、照射回数50000発を実現しました。

個人差はありますが、私の場合はヒジ下の処理は20発程度でまんべんなく照射することが出来るので、50000発もあれば全身を何度でも照射できる回数ということがお分かりいただけると思います。

しかも購入時期によっては、50000発照射できるラージカートリッジがもう1個プレゼントされるキャンペーンが開催されていることもありますし、本体と一緒にカートリッジを購入すると、1個7700円のカートリッジが半額以下の3000円で購入できる(1人3個まで)キャンペーンも開催されていたりするので、さらに維持費が下がりますよ。

ちなみに、センスエピという脱毛器は1カートリッジで750発しか照射できません。

なので、センスエピで全身をくまなく照射しようとした場合、1回の照射で1カートリッジ(5250円)を使い切ってしまうこともあるみたいです。

その他に、カートリッジの維持費がかからない脱毛器としておすすめなのが、トリアという脱毛器です。

トリアはレーザー脱毛器なので、カートリッジ不要の脱毛器です。

ただ、トリアは充電式の脱毛器のため、内臓バッテリーが消耗してしまうとバッテリーの交換が必要となります。1年以内であれば、バッテリーを無償交換してもらうことが出来ますが、1年過ぎてしまうとバッテリー交換費用として19950円かかります。

どのくらいの期間でバッテリーに寿命がくるのか分かりませんが、ソニータイマー(ソニー製品の保障期間終了直後の故障が多いことから生まれた言葉)のように保障期間終了直後にバッテリー寿命がきてしまうとしたら、維持費は高くなるかもしれませんね。

「脱毛女子」あやこ
一番おすすめの脱毛器を紹介
ケノン公式サイト
トップページ > ケノンQ&A【質問と回答】 > 家庭用脱毛器の維持費が一番安いのどれ?【脱毛女子あやこ】

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)