脱毛器人気ランキング!家庭用脱毛器の本音口コミ!【比較体験談】

脱毛器安い?コスパはどう?【人気家庭用脱毛器を徹底比較】

私が試した脱毛器7製品

家庭用脱毛器を購入する際、口コミや本体価格で検討するという方が多いと思いますが、コストパフォーマンスについてはどうでしょうか?きちんと比較していますか?

どんなに本体価格が安くても、コスパが悪ければ元も子もありませんよ。

脱毛女子あやこが実際に使った、脱毛器7製品のコスパはいかに…?

↓↓ ケノンのコスパは? ↓↓
ケノン
  • 本体価格:73800円(キャンペーン価格)
  • カートリッジ寿命:ラージ50000発(新型)
  • カートリッジ代金:ラージ7700円
  • 1発あたりの単価(コスパ):0.15円
↓↓ センスエピのコスパは? ↓↓
センスエピ
  • 本体価格:39800円
  • カートリッジ寿命:750発
  • カートリッジ代金:5250円
  • 1発あたりの単価(コスパ):7円
↓↓ トリアのコスパは? ↓↓
トリア
  • 本体価格:59850円
  • カートリッジ寿命:-
  • カートリッジ代金:-
  • 1発あたりの単価(コスパ):0.3円

※トリアはフラッシュ脱毛ではなくレーザー脱毛のため、カートリッジ式ではありません。バッテリー式となっていて、内臓されているバッテリーは最大500回までしか充電ができません。
 (バッテリー交換には19950円かかります。[1年間保証対象])

↓↓ ノーノーフォーメンのコスパは? ↓↓
ノーノーフォーメン
  • 本体価格:29800円
  • サーミコンチップ寿命:実際に肌に触れている時間で約8時間
  • チップ代金:ワイド(2個)2200円/スモール(2個)2500円
  • 1発あたりの単価(コスパ):-(スライド式のため不明)

※バッテリー交換費用については明示されていません。
※その他消耗品として、バッファー大(2個)2100円(取替え目安は1ヶ月)/ノーノーヘアスムース(脱毛専用ローション)3980円が必要となります。

↓↓ ノーノーヘアのコスパは? ↓↓
ノーノーヘア
  • 本体価格:29800円
  • サーミコンチップ寿命:実際に肌に触れている時間で約8時間
  • チップ代金:ワイド(2個)2200円/スモール(2個)2500円
  • 1発あたりの単価(コスパ):-(スライド式のため不明)

※バッテリー交換費用については明示されていません。
※その他消耗品として、バッファー大(2個)2100円(取替え目安は1ヶ月)/ノーノーヘアスムース(脱毛専用ローション)3980円が必要となります。

↓↓ イーモリジュのコスパは? ↓↓
イーモリジュ
  • 本体価格:89000円
  • カートリッジ寿命:18000発
  • カートリッジ代金:8400円
  • 1発あたりの単価(コスパ):0.46円
↓↓ ラヴィのコスパは? ↓↓
ラヴィ
  • 本体価格:49000円
  • カートリッジ寿命:20000発
  • カートリッジ代金:4200円
  • 1発あたりの単価(コスパ):0.21円

1番コスパが良い脱毛器はどれ?

最もコスパが良いのはケノンです。
ケノン2

業界最安値と言われるケノンのコスパは、なんと0.15円!!

また、ケノンはカートリッジの残量がモニターに表示されるので、カートリッジを管理しやすいのもGOOD♪

ケノンの液晶パネル
次にコスパが良いのはラヴィです。
ラヴィ2

ラヴィはカートリッジが安い(値下がった)ので、長期的に使うことになっても経済的負担が少ないですね。

その次にコスパが良いのはトリアです。
トリア2

と言っても、トリアの単価はバッテリーの最大充電回数と、1回の充電につき何回照射できるかということで単価を割り出したんですが、『バッテリーの充電回数』も、『1回の充電で照射できる回数』も非常に曖昧なものです。

なので、1発あたりの単価はあくまで理論上の最大値であって、実測はもっと劣るということをご了承ください。

また、トリアはしばらく使わないでいると、電源が入らなくなることもあるそうなのでご注意ください。
(充電を繰り返すことでバッテリーの性能は落ちていくものですが、長期間トリアを使用しない場合もバッテリーの性能が低下してしまうそうです。)

トリア2
逆にコスパが悪いのはセンスエピです。
センスエピ2

1カートリッジで750発しか照射できないなんて、コスパが悪すぎます。人によっては1回の脱毛で1個のカートリッジを消費してしまうことも…。

センスエピは本体価格が比較的安いので、買ってみようかなぁと思われる方も多いかと思いますが、長く使えば使うほどコストがかかりますよ。

イーモリジュについては…。
イーモリジュ2

コスパは悪くないんですが、本体価格が高いためあまりオススメできません。

また、イーモリジュを販売しているエムロックグループ(アローエイト株式会社)は、脱毛器の主軸をケノンに移行しています。

なので、いつカートリッジの販売を打ち切られてしまうのかという不安もあります。

ノーノーヘアシリーズについては…。
ノーノーヘアとノーノーフォーメン

ノーノーヘアノーノーフォーメンについてはカートリッジが不要ですが、脱毛する際にサーミコンチップというものが必要となります。

このサーミコンチップは、実際に肌に触れている時間で約8時間しか寿命がありません。

ノーノーフォーメン2

8時間というと、結構使えるんじゃないかと思われるかもしれませんが、何度も何度も肌の上をスライドさせないと毛を焼き切ることができないので、実際腕を処理するだけで10分以上かかってしまうんです。

また、ノーノーヘアシリーズはバッファーなどの消耗品も必要なため、コスパはかなり悪いと言えます。

さらには、ノーノーヘアシリーズはトリアと同じ充電式なので、バッテリーの交換が必要になるというのもネックですね。
(バッテリーの値段・交換方法については不明)

ということで・・・

コストパフォーマンスで選ぶなら、1ショット0.15円のケノンがダントツでお得ということになりますね。

ちなみに今なら、ケノン本体同時購入の場合に限り、7700円のラージカートリッジが格安価格(3780円)で購入することが出来ます。

長く使うことを考えた場合、本体購入時にまとめてカートリッジを買っておけば、さらにお得になりますね♪

一番おすすめの脱毛器を紹介
ケノン公式サイト
トップページ > ライバル脱毛器を徹底比較 > 脱毛器安い?コスパはどう?【人気家庭用脱毛器を徹底比較】

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)